FC2ブログ
ゼンライフ 代表 有馬のブログ
画期的なオンリーワンクレンジングウォーターを開発・販売している、ゼンライフの代表、有馬のブログです。
集中の限界
社長 有馬のひとこと

2011年4月6日更新

人間が1日に集中して仕事や学習ができる時間は何時間か?という実験をしたところ、最長でも6時間との結果があるそうです。(参考文献 仕事は楽しいかね? 2 きこ書房)

そこで、とあるアメリカの製造工場では作業員の方の労働時間を「1日8時間の交代制で食事休憩有り」から、「1日6時間の交代制、トイレ以外の休憩無し」に変更したところ、ミスや転職希望者が大幅に減ったとのこと。

9時に出社なら、15時には帰れるということですから、単調な作業でも余暇を楽しめるので、この会社の人気はアップしたそうです。

むやみに残業するよりは、仕事のスピードを上げた方が、効率的なのは間違いないですね。




時間と言えば、表示にはデジタルとアナログがありますが、私が学生時代、担任の教師には
「テストの時は秒針の付いたアナログ時計の方が良い」と言われていました。

アナログの方が、長針と短針を目で見て図形として判断するので、残り時間がわかりやすいとの理由です。

好みの問題もあると思いますが、時計の購入を考えられている方は、参考までに。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック