FC2ブログ
ゼンライフ 代表 有馬のブログ
画期的なオンリーワンクレンジングウォーターを開発・販売している、ゼンライフの代表、有馬のブログです。
遠くを近くに、近くをもっと近くに
社長 有馬のひとこと

2011年1月21日更新

日々、お客さまからお問い合せのメールやお電話をいただきますが、お答えすることによって、お客さまとの心の距離を縮めていければと思います。



ブログでもうひとこと

通信販売の弱みは、直接お会いしてお話できないことだと思いますが、メールや電話でのコミュニケーションでお客さまの不安や疑問を解消できれば、お店で直接説明するところまでは行かなくとも、それに近い安心感を持っていただけるのではと思います。

当店は、以前はフリーダイヤルを設置していませんでしたが、設置後お客さまから「これで気軽に電話ができるから、うれしい!」とお褒めの言葉を頂き、スタッフ一同感激しました。やっぱりフリーダイヤルって良いですね。
(ちなみにフリーダイヤル対応時間は、第2・4土曜日と日祝日を除く、9時から18時となっております)

さて、距離を超えたコミュニケーションと言えば、先日ある映画を見てきました。


久しぶりの映画館


久しぶりの映画館です。


久しぶりの映画


タイトルは「ソーシャルネットワーク」



久しぶりの映画



↑主人公のマーク・ザッカーバーグ(役の俳優の方)です。日本だとmixiやモバゲー、グリーなどが有名なSNSと呼ばれるサービスで世界一の会社フェイスブックの創業者です。

自分の写真やプロフィール、日記などをインターネット上に登録し、友達同士で情報を交換し合うのですが、僕の友人でもはまっている人が多数います。

個人的にはこの手のサービスに夢中になれなくて、あまりやっていません。

科学技術は「遠くを近くに、近くを遠くにする」と言われますが、たしかにテレビが出てきて、数千キロ離れたスタジオにいる芸能人の声や演技力は知っていても、マンションの2階に住んでる人の声も顔も知らなかったりしますからね-。

パソコンやケータイの普及で、よりその傾向が強まってきた最近ですが、これからは逆に「家族や学校の友人、近所の人のためのインターネットのサービス」が生まれ、ご近所の回覧板をメールでお知らせしたり、自分の両親の情報をパソコンに記録して分析し、喜びそうなイベントの企画に役立てるなど、「近くをもっと近くする」ことが増えそうな気がします。






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック