FC2ブログ
ゼンライフ 代表 有馬のブログ
画期的なオンリーワンクレンジングウォーターを開発・販売している、ゼンライフの代表、有馬のブログです。
梅酵素が出来るまで写真集2010
店員有馬のひとこと

6月10日更新

昨日、梅の健康パワーについて書きましたが、本日は梅酵素の作り方をご紹介します。






ブログでもうひとこと


昨日はいい天気で梅酵素作り日和でしたよー。


P1010807.jpg


まず、水に粉末酵素のふげんを溶かし、その中に梅を入れて20分ほどおきます。


こうすると、農薬などの汚れが酵素で分解され、梅も元気になります。


1リットルの水に対し、ふげんは小さじ2杯位の割合で、いいです。


そのあと、真水で梅を洗い、水気を切ります。




P1010811.jpg



陰干しで水気が無くなるのを待ちます。


当社では駐車場にビーチパラソルを立ててみました。






P1010812.jpg


さらに梅のヘタを取り、


P1010814.jpg


フォークで数カ所穴を開けます。こうすると、梅が酵素の中で沈みやすくなります。



P1010817.jpg



一般的な4リットル用の果実酒瓶に入れます。一瓶に梅1kgを入れてください。



P1010815.jpg



その後、一瓶につき、スーパーオータカ徳用1,200mlを2本注ぎます。




梅酵素


そのあと、梅がシッカリ酵素につかるように、1日1回は瓶を揺すったり、お玉や箸でかき混ぜて、1週間から10日間おけば、完成です。


必ず冷たいお水で2倍以上に薄めて飲んでください。そのままだと酸味が強すぎますので。

僕は4から5倍くらいに割るときもありますよ。とっても美味しいんです。

スーパーオータカの味がちょっと苦手という方も、コレなら飲めるという方がほとんどですね。


酵素とクエン酸パワーがカラダにしみ込みます!


写真では日向で撮影していますが、常に日陰の涼しいところで保存してください。


夏は、他の瓶に移し替えて冷蔵庫で保存されるのがオススメです。


酵素が生きていますので、人間の体内温度以上になると発酵が進んで炭酸のようになりますので御注意くださいませ。


ホームページにもカンタンにまとめています。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック