FC2ブログ
ゼンライフ 代表 有馬のブログ
画期的なオンリーワンクレンジングウォーターを開発・販売している、ゼンライフの代表、有馬のブログです。
酵素とは 酵素の発見の歴史2
4/16up 大高酵素オンラインショップ 店員有馬 のひとこと

連日ブログで酵素についての連載をしています。本日は酵素の発見の歴史の続編です♪大高酵素オンラインショップブログ(クリックすると別ウィンドウで開きます)ではもうひとこと書いています。また、ブログに他社様の広告が出ている場合がありますが、当社とは無関係ですので御注意下さいませ。



ブログでもうひとこと

1833年に人間にとっての最初の酵素ジアスターゼ(消化酵素)が発見されてから、他にもペプシン(胃で働くタンパク質分解酵素)など色々な消化酵素が発見されたのですが、まだ各物質の名前(ジアスターゼ)などはあっても「酵素」というカテゴリー分けをする言葉は世界的に生まれていませんでした。

最初に酵素と名付けたのは、1878年にドイツの生理学者ウィリアム・キューネ氏がドイツ語で次々発見される酵素の総称としてEnzym(ドイツではエンチームと発音)と名づけました。英語ではEnzymeという綴りでエンザイムと発音します。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック