ゼンライフ 代表 有馬のブログ
画期的なオンリーワンクレンジングウォーターを開発・販売している、ゼンライフの代表、有馬のブログです。
歯の美しさは歯みがき道具で決まる
テレビドラマなどで女優さんを見ると、あまりにも整って並んでいる真っ白な歯を見ることがあります。


一部の女優さんは、歯の表面を削って、キレイな純白の歯の形のセラミックをかぶせている(これをセラミッククラウンという)のであのような見た目になるのですが、ショービジネスの方以外は、そこまでするのはやりすぎかと思います。


そこで、普段の歯磨きを気をつけることが、虫歯予防と美しさに一番なのですが、僕はそのために5つの道具を歯みがき時に使います。


1 まず、一般的な歯ブラシで毛先が開かない程度の強さで、やさしく全部の歯を普通に磨きます。

僕は握るよりも親指と人差指でつまむ感覚で、力が入りすぎないように歯ブラシを持ちます。

この時、噛み合わせの部分を注意して磨いてください。虫歯になりやすい場所は2種類あり、噛み合わせと歯と歯の間です。



2 F字型の糸ようじを前の歯の隙間で上下させます。

歯みがき道具






3 Y字型の糸ようじを奥歯の隙間で上下させます。
 

歯みがき道具







4 歯間ブラシで歯と歯の隙間が大きな部分を磨きます。

毛先が金属のものより、ゴムのものが歯茎を傷めにくいのでおすすめです。


歯みがき道具




通常、コンビニやドラッグストアなどで目にするのは以上の道具だと思いますが、あと1つ別の道具が必要な場所があります。





それは、奥歯の後ろの面。



歯みがき道具






ここは、ワンタフトブラシと呼ばれる、一山しかない歯ブラシでみがきます。

最近は、大きめのドラッグストアでも見かけますし、歯医者さんで売っていることも多いです。200〜300円位なので、歯ブラシと同じくらいですね。

歯みがき道具




以上で、虫歯予防としてはほぼ完璧に磨けると思います。

これだけ磨いても、真っ白にはなりませんが、それが自然な白さということで自分では納得をしております。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック