ゼンライフ 代表 有馬のブログ
画期的なオンリーワンクレンジングウォーターを開発・販売している、ゼンライフの代表、有馬のブログです。
性格と日光の関係
秋はなんとなく切ない気持ちになる、とよく言われますが実はこれには医学的な根拠があるんです。


夏は、会社や学校が終わってもまだ明るく、日光を十分に浴びる方が多いと思いますが、日光を浴びると「セロトニン」という、幸福感や心の安定を司る神経物質が増えます。

しかし、日照時間の短い秋から冬にかけては、朝早く出勤して室内で事務仕事をして19時位に会社を出ると、外は真っ暗でほとんど太陽を見ていないという方が増えてくると思います。

そうするとセロトニンの数が減りますので、なんとなく憂鬱になったり悲しさに敏感になるんですね。

さらに同じ季節でも、緯度が高く日照時間の少ない地域ほどこの症状が増えるとのこと。

もし、なんとなく明るく振る舞えないという方がいらっしゃいましたら、ぜひ太陽を浴びる時間を増やしてみてはいかがでしょうか?



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック