FC2ブログ
ゼンライフ 代表 有馬のブログ
画期的なオンリーワンクレンジングウォーターを開発・販売している、ゼンライフの代表、有馬のブログです。
ノドの痛み予防 エアコンの豆知識 編
前回のブログに引き続き、 この季節に気になるノドの痛み予防法です。

実は先日、リビングのエアコンのクリーニングをメーカーのサービスにお願いしました。

エアコンのカビ予防


分解の途中です。


買ってからだいぶ経ち、もしかすると汚れているのではと気になっていたのです。


結果は、「そこまでひどくない」とのこと。


でも、クリーニングをお願いしました。

なんか最近、掃除にハマっているんですよね。


そして、とてもおもしろい話を聞きました。

クリーニングに来てくれた方は、メーカーから依頼を受けている電気工事士の方なのですが、なんと、自宅のエアコンを使ってない時は、1年中「送風」にしているそうです。一番弱い風で。

その方が言うには、

「お風呂の24時間換気扇と一緒で、ずーっと空気の対流が起きているとカビが発生しにくいんです。しかも、送風だけなら換気扇と一緒で、電気代も安いですよ。」

とのこと。


びっくりしました。


エアコン


この送風ボタン、なんのために付いているかわからなかったので。

説明書を見てみると、

「シーズンの終わりには半日くらい送風をして、中を乾燥させましょう。」

と書いていますが、1年中送風とは!

そりゃカビないですよね。さすがプロ。


一部のエアコンには送風ではなく、「内部乾燥」や「内部クリーニング」という名前のボタンが有りますが、あれもこまめにしておくといいそうです。

家の掃除や整理をしていて感じるのは、現代の日本の家は気密性が高まったため、カビに注意することが本当に大切です。湿気大国ですし。

クリーニングと、その後の乾燥、もしなんかエアコンがにおうな?というのであればオススメです。


カビが原因でせきが出たり気管支を痛めることがありますから。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック