FC2ブログ
ゼンライフ 代表 有馬のブログ
画期的なオンリーワンクレンジングウォーターを開発・販売している、ゼンライフの代表、有馬のブログです。
日本の美を求める禅の研修
着替えが終わった後、研修中の作法の説明があります。寝泊まりする部屋とはまた別の和室に集合しました。

坐禅の組み方に始まり、応量器いう黒い食器を使った厳格に決まっている食事作法の説明、廊下を歩くときは両手を組んでミゾオチにあてる叉手という作法。(多分コレは、心臓の鼓動を常に感じることで、今の自分に意識を集中するようにこの歩き方を行うんだと思います。)


寝泊まりする部屋以外では、基本的に私語は慎みます。

特に、トイレ、お風呂、坐禅を組む僧堂という部屋は三黙道場と言い、話さないように気をつけなくれはいけません。

かなり長時間の説明の後、障子に囲まれた畳の部屋、僧堂に移動し、坐禅を組みながらの30分くらいの食事(←僕は体が固いので、足が痛くて食べるのが苦痛でした。)をしました。

確かジャガイモが入ったご飯と、お味噌汁、根菜類の煮物が2品、沢庵だったと思います。

味がとても美味しくて、驚きでした。量も十分です。

私達のお世話をしてくださる、雲水さんと呼ばれる修行僧の方は皆肌がとてもきれいなのですが、この食事の影響もあるのではと思いました。



ちなみに、禅では料理人の方の地位が高く、料理をすることと食事作法も修行の一つとして考えれらています。


入浴の後、また坐禅を組みました。合計1時間ほどだったと思います。とにかく研修中は坐禅三昧です。

坐禅は、壁に向かって目を開けて(←ここに来る前は目を閉じるものだと思っていました)行うのですが、その最中、遠くの方から

「ハイッ」

という若い男性の大声が何度も響いてきたので、おそらく修行僧の方がなんらかの研修を行っていたんだと思います。


初日は21時に就寝となり、よく朝は午前3時10分起床と告げられます。

ユニークなのは、スケジュールが3時間先くらいまでしか教えれらないのです。

これは、あまりに先のことを知りすぎると、今の動作に集中できないからとのことでした。

とにかく、禅では、あまり頭で色々と考えずに「今この瞬間を生きる」ことを重視している印象です。





永平寺


本当に山の中にあるお寺の中で、携帯もテレビもない生活をしますので、なんだか何百年も前に時間旅行をしているみたいです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック