FC2ブログ
ゼンライフ 代表 有馬のブログ
画期的なオンリーワンクレンジングウォーターを開発・販売している、ゼンライフの代表、有馬のブログです。
フェルメールの白と、肌の水分量
6月末の東京出張の続きです。




東大を離れて上野に行ってきました。

美術館や博物館が集中してます。確か美術館は3館くらいあったような。。。
不思議です。





この日は、東京都立美術館で、フェルメールをはじめとしたオランダの美術館の作品展があってました。

窓の奥のポスターは、有名な「真珠の耳飾りの少女」です。

真珠の耳飾りの少女


絵を見るのは好きなので、この機会に行ってきました。



展覧会が始まってから最初の休日と言うことで、人が多かったです。

真珠の耳飾りの少女は思ったよりも小さく、A3用紙2枚分くらいだったのですが、なんというか怖いくらい表情に気迫が感じられました。

にらみつけるような表情なんです。意外でした。穏やかで少し暗い顔をしていると思いましたが。

良い芸術は人に恐怖を感じさせると聞いたことがありますが、まさにそれに当たります。

フェルメールは光の画家といわれるほど、絵の中に光る場所を作るのがうまく、他の作品も確かに、ある場所に光が差しているように見えます。

真珠の耳飾りの少女は、左からの光があり、さらに真珠が一際光ってました。

テレビで見たのですが、白の絵の具を細かい点で打つことで光って見えるようにしているそうです。

ちなみに、子供の肌にはくすみはありませんが、年齢とともにくすんでくるのは、紫外線の影響に加え、肌の水分量が減ってくるからです。

天才画家の白い絵の具の代わりに、夏でも化粧水や乳液などでお顔の保湿をすることで、光を感じさせる肌を作りたいですね。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック