ゼンライフ 代表 有馬のブログ
画期的なオンリーワンクレンジングウォーターを開発・販売している、ゼンライフの代表、有馬のブログです。
男性と女性のスキンケアの決定的な違い
女性は朝、鏡の前でメイクに時間がかかりますが、男性は髭を剃るのに数分間かかります。

この点が男性と女性の顔の見た目を整える上で、大きな違いですが、その後のスキンケアにも大きな違いがあります。


カミソリ


男性はひげ剃りの後、カミソリを当てて部分に消毒を兼ねた「アフターシェーブローション」と呼ばれる化粧水をごく少量つけます。アルコールが強いものが多いです。

その他に、乳液や美容液、クリームを使う男性は非常に少ないです。デパートなどで売られてはいますが。


ですが、女性はメイクを落とすために洗浄力の強いクレンジングや泡洗顔をするのでものすごく乾燥し、その後の保湿に化粧水・乳液・クリームなどたくさんのスキンケアをする方が多いのではと思います。

だから、男性に比べて女性は複雑なスキンケアをしています。

メイクとスキンケアは表裏一体なんですね。


もし、乾燥させずにメイクや余分な皮脂汚れが落とすことができればその後の保湿ケアは必要ありません。

そういう考えて生まれたのが当社のオンリーワンクレンジングウォーターです。

ぜひ、お試しいただければと思います。



血液は美容液
年齢とともに皮膚近くの毛細血管は減り、血液や酸素が届きにくくなると言われます。

その結果、肌が乾燥したり、皮膚の筋肉が老化し、新陳代謝も弱くなるためシミ・シワが増える事があるのです。

ということは、毛細血管を減らさなければ、美容液やプチ整形以上の効果があるのですが、一体どうすれば良いのかといいますと、現代の医学の研究では血流が多ければ毛細血管が減りにくいことがわかっています。

ということは、血流を増やせば良いのですがそのために最も有効なのは、下半身の血液を上半身に返す第2の心臓と呼ばれる「ふくらはぎ」のポンプ機能を強くすること。

そのためにはやはり、歩いたり走ったり泳いだりといった足腰を使った運動が効果的です。


また、紫外線の害も避けられる室内でのバスケットボールなどの球技やトレーニング、家でのその場かけ足やスクワットが美容に特に良い運動ではと思います。

美容オタクの吉本興業の女性の芸人、シルクさんは毎日家でテレビを見ながら分厚いゴムマットの上で、その場かけ足を20分ほどやっているとテレビ番組で紹介されていましたので、効果は間違いなくあります。






女性の強さと美しさ
3月に北九州に新しいサッカー場がオープンしたのですが、そこで一昨日と昨日




女子ラグビー



女子ラグビーの世界大会が行われたので、子供を連れて見に行きました。


通常ラグビーは15人対15人で前半40分、後半40分の合計80分で行われることが多いのですが、この日は7人対7人で前半7分、後半7分の合計14分で行われるセブンズ(7人制)ラグビーと呼ばれるルールでした。

控え選手が5人まで入れるので、1チーム12人となっています。

赤がカナダで、黒がニュージーランドの試合でした。

女子ラグビー



ボールを持って走る選手に体当りして止めるなどのルールはそのままなので、体格も日本の女性よりはるかにガッチリして、日焼けしている女性が多かったですね。


女子ラグビー



美白・細身などの日本で人気の美容の要素は控えめですが、女子スポーツ選手特有の健康的な美しさを感じました。





敏感肌のお客様よりおハガキをいただきました。
当社のオンリーワンクレンジングウォーター、ゼンライフ イッポンのお客様から頂いているおハガキをご紹介したいと思います。


福岡県のペンネーム まるる様 45歳女性、敏感肌の方より頂きました。



お客様からのおハガキ




「ものすごく敏感肌で色々な化粧品が使えなくて悩んでおりました。

恐る恐る”イッポン”を試してみたところしっとりとして、肌に"ツヤ"が出てきました。

今後も使い続けてキレイになれたらうれしぃーです。」


まるる様、ありがとうございます。

当社のオールインワンクレンジングウォーター、イッポンがお肌にあっていたようでうれしいです。

また、使用後たしかに自然なツヤが出ますよね。

今までの刺激の多いスキンケアを離れて、当社のシンプルなスキンケアをお使いいただいていくうちに、きっとより美しい、まるる様になれるに違いないと僕は思っております。



敏感肌の方は、合う化粧品がなかなかないということが多いと思います。

実は、泡洗顔よりもクレンジングウォーターのほうがはるかに刺激が少ないと僕の友人の皮膚科医も言っています。

それだけ、せっけんや洗顔料の泡の刺激とその後の乾燥が肌にとってマイナスなんですね。

フランスでは、敏感肌の方にはクレンジングウォーターを使うようにと指導する皮膚科医も非常に多いです。

まるる様、本当にありがとうございました。






男性の夏の仕事服
昨日の北九州は気温が25度近くまで上がり夏日でした。

最近の気候は、春と秋が無くなり冬からいきなり夏になるように思います。


九州では5月からクールビズになるのですが、今日は男性がかっこよく見える夏のビジネス服について書きたいと思います。


例年よく見るのは、上半身は半袖のワイシャツで、うっすらと下着のTシャツが透けている姿です。

これはあまりかっこいい姿ではないかなと感じます。


そこで、僕がいくつか試してみて良かったのは、ポロシャツ生地(鹿の子)の長袖シャツを二の腕くらいまで腕まくりして着ることです。

ポイントは長袖のポロシャツ(ボタンが2つか3つしか無い)ではなく、あくまで生地が鹿の子で形は完全にシャツのものです。


しかも色は紺や黒などの汗ジミが目立たない濃い色が一番です。


通常のシャツ生地では風を通しませんし、汗をかくと肌にはりついたり透けますが、鹿の子生地で濃い色ならそういうことはありません。

最近はユニクロなどの量販店やデパート等の売り場でもよく売られています。

しかも初めから半袖のものよりも、長袖を腕まくりしたほうが断然かっこよく見えます。


伊達男が多いイタリアでは、半袖シャツを着る男性はものすごく少ないです。

もし、親しい男性の方がクールビズの買い物に悩んでいましたら、参考にしていただければと思います。


参考までに下記は、ポロシャツで有名なラコステの鹿の子生地のシャツです。



長袖のポロシャツ



(ラコステのサイトより)


時間は最強
ブログを書いていると、他の人のブログもどんな風に書いているのだろうと気になって、色々と読むのですが、その中で最近、

「人も動物も機械も、時間に勝てるものはない」

という記事をみました。


悲しいことも、怒ったことも時間とともに忘れていくし、体の老化もコンピューターシステムが時代遅れになって古くなるのも時間の流れゆえです。


大人になって歳を取るとともに、時間がすぎるのが早く感じるのですが、この理由についてはいろいろな説があります。

僕は脳の老化により感受性や記憶量、行動力が低下した結果、同じ時間でも多くを吸収できないし、行動も遅くなるので、短く感じるのだと思います。

大人になっても、ぐっすり眠った次の日と、徹夜明けで脳が疲れている日とでは、後者が圧倒的に短く感じますので。


昨日、我が家の次男の小学校の入学式があったのですが


入学式


僕も小学校の頃は1ヶ月先が今の半年先くらいに長く感じていました。


我が子にも、時間の流れをゆっくりと感じるうちに、色々な経験をしてほしいし、させたいと思います。



顔のくすみを消す服
年齢を重ねると肌のくすみが気になるという方も多いと思います。

今日は、その悩みを服で消す方法をご紹介します。


これはとあるテレビで、元ピンクレディのケイさんこと、増田恵子さんが話していたのですが

「白い服や帽子、マフラーを身に着けて、そのレフ板効果でくすみを消している」とのことでした。

女優さんは撮影の時、レフ板で顔に光をあてていますが、それを日常的に行えるのが光を反射する白い服やアクセサリーというわけですね。

また、女性が礼服の時に白の真珠のネックレスをする事が多いですが、くすんで見える黒の服に対するレフ板効果になります。

その他にも、ピアスを大振りな白や光を反射する色にする、アイメイクに白やシルバー、ゴールドなどを使う事も有効です。

メイクも服も色だけでなく、光の事を考えるとワンランク上の美しさに仕上がります。


ちなみに、増田恵子さんのブログのトップの写真は、白のニットに白の背景にキラキラの指輪と白づくしでした。




紙と画面と記憶と
スマホやタブレットの普及で、新聞や雑誌、本の売上は大きく落ちているというニュースをよく目にします。

ですが、紙全体の消費量はそれほど落ちていないとのこと。

激安のコピー用紙のせいもありますが、手帳やノートの売上も堅調です。

やはり、スマホで書いたり見たりしたものは、ものすごく忘れやすいので紙の人気が続いているんでしょうね。

一時期はスケジュールをスマホやパソコンで管理する人も多かったのですが、覚えられないとの理由で手帳人気が再燃しています。


当社でも、ホームページに画期的なオンリーワンクレンジングの使い方などを書いておりますが、商品と一緒に




パンフレット


使い方や機能、Q&Aなどが書かれたパンフレットを一緒に送っております。

おかげさまでゼンライフイッポンはまだホームページが充実していないのにもかかわらず、たくさんのお客様にご愛用いただき、




パンフレット


パンフレットも増刷分が本日届きました。

ありがとうございます!





ネットのレビューって
僕は本や電化製品などをよくインターネットで買うのですが、その時ほとんどの方が、レビューを見るのではないかと思います。

アマゾンで買うことが多かったので、以前はこのレビューを見て、評判の良いものを買うようにしていました。

でも、買ってみると、レビューでは高評価だったのに、実際はあまり良くないことが多いのです。

実はアマゾンは商品を買っていなくても、誰でもレビューを書けるようになっています。

(楽天は買った商品しか書けないみたいです。)


なので、いわゆるサクラの方が良いレビューを書いてることがあるようです。


一時期、アットコスメや食べログのようなサイトでもこういうサクラが話題になりましたね。


そこで今、実際に編集部のスタッフが買って批評するという有料の雑誌が人気になっていることをニュースで知り、それらを買ったりdマガジンで読んだりしてから買い物をすることが増えました。


女性向けだと「LDK」という雑誌が有名ですね。家電だと「家電批評」や「MONOQLO」など。

http://www.shinyusha.co.jp/media/ldk-201704-2/


外食も食べログよりはミシュランのような本で探します。


ミシュラン


やはり無料のレビューというのは上記のようなサクラを止められないと想うので、有料でスタッフが品定めしたほうが、より信用がおけますね。



不思議なお花見
昨日、飲食店をされているお友達から誘われていたお花見に行ってきました。

この日の北九州は朝からヒョウが降った後、晴れたと思ったら雨と雷、また晴れるというとにかく不安定なお天気でした。

さらに、例年なら4月になれば桜も7分から満開といったろころですが、今年はまだつぼみも多く


お花見


1分咲きでした。


お花見


でも、そんな中色々と準備されたスタッフの方には感謝です。


1時間ほど、バーベキューや久しぶりにあった方とのお話などを楽しみました。