ゼンライフ 代表 有馬のブログ
画期的なオンリーワンクレンジングウォーターを開発・販売している、ゼンライフの代表、有馬のブログです。
お肌の善玉菌を守るには。
私達の肌には「皮膚常在菌」とよばれる様々な菌があり、それらのバランスでお肌の状態が変わります。

その中で、肌のうるおいを保つグリセリンを作り出し、肌を弱酸性に保ち炎症を抑える、善玉菌「表皮ブドウ球菌」があります。

この菌を減らさないことが美肌の条件で、どうすれば良いのかということを本日は書きたいと思います。


1 長時間の入浴、頻繁な洗顔と体を洗いすぎることをやめる。

熱いお湯に長時間使ったり、洗顔料やせっけんで顔や体を洗いすぎる減少します。


2 乾燥を防ぐ。

肌や室内が乾燥していると、この表皮ブドウ球菌がすみずらくなります。

1の過剰な洗顔も肌の乾燥の原因になりますので控えめに。


3 メイクやスキンケア商品を防腐剤が少ないものを選ぶ。

ほとんどのメイクやスキンケア商品には防腐剤が含まれていますが、これも表皮ブドウ球菌を減らす原因です。

よく「パラベンが入ってない」と安全性をアピールしている化粧品がありますが、他の防腐剤がたくさん入っていることもあります。

ほんの少しのパラベンと、たくさんのその他の防腐剤であれば、前者のほうがより安全です。

防腐剤の量が少ないかどうかを見分けるコツは、防腐剤の種類ではなく、その化粧品の全ての原材料の成分の数がポイント。

ほとんどの場合、成分の種類が多いほどバランスが崩れやすく、防腐剤の量が増える傾向にあります。

ですから、化粧品を買うときはパッケージの裏を見て、書かれてある成分数が少ないものを選ぶと良いと思います。


ちなみに当社のオンリーワンクレンジング、ゼンライフ イッポンの成分数は、水を含めてわずか6つ。


成分




これだけで全てのスキンケアが終わるので、究極に少ない成分でクレンジングから保湿までができ、善玉菌を守ります。


顔、脚のむくみ取りは「塩」が決めて
朝起きて、鏡を見ると顔や脚のむくみが気になるという方、多いと思います。

むくみは、体内の水分量が過剰な場合に起こりやすいもの。

この原因のひとつに、塩分のとりすぎがあります。

体には体内の塩分濃度を一定にしようとする働きがあり、塩分をとりすぎるとそれを薄めるために体内の水分量をふやすので、その結果むくんでしまうのです。

ですから、むくみが気になる方は

1 そもそも食事でとる塩分を減らしてみる。

2 塩分を体の外に出すカリウムを含む野菜類を取る。

3 汗をかくていどの運動をする。

ことが大切です。

2のカリウムを多く含む野菜とは、アボガド・ほうれん草・サトイモ・ヤマイモ・ニンニク・小松菜・レタス・サツマイモ・エリンギ・かぼちゃ・ニンジンなどがあります。

ちなみに我が家では冬は焼き芋をものすごく食べるのですが、そのおかげでむくみが少ないのかもしれません。

減塩でむくみ対策、よろしければお試しくださいませ。




日焼け止めを塗った時の肌ダメージ
昼間、車を運転しているとサングラスが欠かせないほど日差しが強い時期になりました。

これから夏にかけて、日焼け止めが欠かせないという方も多いと思います。

ですが、日焼け止めに入っている紫外線吸収剤や、撹乱剤と呼ばれるものは、紫外線をカットする代わりに、肌を乾燥させる性質を持っています。

なので、乾燥肌の方は日焼け止めよりも帽子や日傘といった物で紫外線をカットする方が良いです。



以前、男性向けの日傘というものを東急ハンズで見て驚きましたが、置いてあるということはある程度は売れているんでしょうね。

男性は日傘よりもハット(帽子)のほうがカッコイイのでは?と思いますが。


背が伸びなくなってからの時間
先週末は、学校の卒業式のラッシュで、我が家の長男くんも、幼稚園の卒園式がありました。



卒園式



式を終えて、皆で写真撮影をするところですが、我が子も園児たちもあちこち顔が向いてます。

この頃は、1年毎にどんどん身長が伸び、下級生も入ってくるので自分の成長を実感しやすい時期だと思います。

でも、18歳から22歳位で身長の伸びも止まり、社会に出ると学生のころより成長を感じにくくなります。

40歳を超えると、成長よりも老化を感じ始めます。


僕も41歳という大人のベテランになりましたが、6歳の子供ほどでなくても成長は感じていたい。


そんなときは、手帳に予定と目標を立て、それをどれだか達成できたのか?を書くようにしています。

なかなか予定通りには行かないのですが、それでも記録していかないと仕事などの成長がわかりません。

また、自分で書いたこのブログや手帳に書き留めた何気ない一言も、あとで振り返ると「仕事で色々なことをしてきたな。」と感じます。


また、子供の時と大人の時では成長の過程もかなり違うなと思うのです。


時間割があって、やることが決められていて、ひとつしか答えのない問題をテストで答えるのが子供の時だと思います。

でも大人になると、それらを全部自分で決めなくてはいけないし、そもそも問題や目標が何かを考えなくてはいけません。

ということを、式が終わった日の夜ごはんを食べながら子供に話しましたが、まだよくわからない様子でした。

何かと子供のイベントのときは、色々なことを感じ、考えます。









お客様の声ご紹介
本日もたくさん頂いているゼンライフイッポンのご愛用者の方からのおハガキをご紹介いたします。

東京都のマール様、36歳の女性の方より頂きました。



maru.jpg


いつも忙しくて何ステップもあるお手入れが面倒だと思っていた時に知ったゼンライフ イッポン。

カンタンだし、使っているうちに母から「肌がキレイになった。」と言われ、2本めを買いました。

冬の間は時間のあるときはクリームを重ねたりしましたが、これから夏は本当に楽でキレイになれるのが楽しみです!



マール様、ありがとうございます。

今までは「泡洗顔をするから乾燥して、その保湿のためにたくさんの化粧品を使ってきた」と思います。

でも、当社は「ふき取りクレンジングだけで、メイク落としや洗顔を行うから、そもそも乾燥しない。だから保湿しなくていい。」という考え方でこの商品を作りました。

おっしゃる通り、これから夏になると全て1本でOKになると思います。

また、泡洗顔よりもお肌に断然やさしいので、使っていく内に肌悩みも減少します。


本当にありがとうございました。


ストレスを解消するNHKとお客様の声
スキンケアは最小限な方がお肌にいいと考える僕ですが、美しいお肌のために減らしたいものがもう1つあります。

それは、ストレス。

お肌のトラブルだけでなく体の病気も引き起こす、現代の最大の体の不調の原因です。

なかなか自分では気づかずに、仕事や家事、育児で無理をしてストレスを増やしている方は多いと思います。


それを解消するNHKというのがタイトルですが、これは受信料を払うテレビ局ではなく


N = 寝る

最低でも1日6時間は睡眠時間を取りたいですね。

睡眠不足だと、イライラしてしまいます。

この6時間を切ると、とたんに体の不調が多くなるという調査結果があります。




H = 話す

特に仕事の悩みの場合、信頼できる上司や友人に話しましょう。

実はストレスで一番多いのが仕事の悩みです。

業績、人間関係などさまざまですが、話すことそのものがストレスの解消になります。

それでも悩みが深い場合は、転職も考慮しましょう。


K = 気分転換をする

時間に追われている方や働く母親の皆様は、あまりにも忙しすぎて、働いて家事して子供の面倒見て寝るだけという方も多いと思います。

実は僕も3人の小さな子供を抱え、朝と夜はずっと相手していますが、寝かしつけたあとジョギングやサイクリングなどの気分転換をすることがあります。


寝る・話す・気分転換をする、のNHK

ストレスにお悩みの方はぜひお試しくださいませ。



続きまして、本日のメイン、ゼンライフイッポンのお客様からいただいたハガキをご紹介します。

鹿児島県より、ローザ様 58歳の女性の方よりいただきました。





ejimasama2.jpg




「今までずっと せっけん洗顔でした。

ですが、どのメーカーのものを使っても、かんそうがひどくシワが増えるのみでした。

この商品を使い始めて2ヶ月余りですが、とても皮膚の調子が良いです。

気になっていたシミ・シワも改善されてきたような気がします。

ありがとうございます。」


ローザ様、本当にありがとうございます。

やはり、せっけんやクレンジングフォームで洗ったあとは乾燥がひどいですよね。

僕も、朝カミソリで髭を剃る時に、泡を付けて剃るのですが、その部分だけ乾燥がひどくなります。

シミ・シワ、特にシワは肌の水分量が減る事でできるものなので、泡洗顔よりもふき取りクレンジングの方が、シワが増えません。

その両方が改善されてきたような気がするとのこと、何よりです。

洗顔で乾燥させてから色々な保湿化粧品を使わなくてはいけないのが今までのスキンケアだと思いますが、当社ではふき取りクレンジングだけにすることによって、そもそも乾燥しないから色々な化粧品を買わなくて良いということを目指しています。

これからもローザ様のお役に立てるように頑張っていきたいと思います。




よく話す人は、お肌がたるまない。
最近、メルマガでよく顔のたるみやほうれい線を減らす方法について書いていまして、今日はさらに新しい情報をお伝えしたいと思います。


タイトル通りですが、よく話す人、そしてよく歌う人はお肌がたるみにくいんです。


これは口を動かすことによって、口の周りの筋肉を鍛えるからなんです。


また、人は1人でいるよりも、だれかと一緒にいるほうが魅力的に見えるといわれています。

よく話し、また相手の話を聞くことで表情が豊かになりますからね。


ということは、友達や家族とカラオケで歌ったり話すことも効果的な美容法ではないかと思います。




なぜか我が家の子供達は、カラオケが好きでよく行くのですが、歌うのは子供ばかりで、アンチエイジングが必要な僕と妻はそれを見ることが多いのです。


次からは親もシッカリ歌わなくてはいけませんね。








花粉の時期のスキンケア
昨日のブログで、自宅で目や鼻を洗って花粉症を防ぐグッズを紹介しましたが、今日は花粉の多い時期のスキンケアについて書きたいと思います。


そもそも花粉症で鼻水や涙・くしゃみがでるのは、体内に入ったアレルギーの原因、花粉を体の外へ出すためです。

ということは、そもそも花粉が体内に入らないようにすればいいわけで、だからマスクがこれだけ売れているわけです。


スキンケアで防ぐ方法というと、

1 帰宅後はできるだけ早くメイクを落とす。

これは顔についた花粉を落とすことにつながります。

可能なら、お風呂で髪や体についた花粉を流すことも有効です。

また、家に入る前に玄関で上着をはたいたり、トラウザーズ(ズボン)にブラシをかけて花粉を落とすこともおすすめします。


2 外出時にはメイクをする。

これは、肌に直接花粉が触れないようにするためです。

花粉が触れるだけで、アレルギー体質の方は顔がかゆくなることがあります。



3 顔の表面つながりということで目について、コンタクトの方で花粉症がひどい方は、メガネに変えてみる。

実は、コンタクトレンズをしていると花粉が目についたままになりやすく、症状がひどくなる場合が多いのです。

涙がでにくいため乾燥しやすく、その結果、花粉が目に留まりがちです。


僕もコンタクトをすることが多いですが、花粉症でないのにもかかわらず、この季節は「目に何か入ってるな感」が強いです。


以上の3つ、お悩みの方はお試しくださいませ。

街にマスクが目立つ時期。
花粉が空気中に多い季節となり、街にマスクをしている人が多くなりました。

この時期、海外から日本に来た観光客が驚くのが、マスクをしてる人があまりに多いことだそうです。


なぜスギの花粉がこれほどまでに多いのかといいますと、戦後人口がどんどん増えて家を建てるための材木用にと、山にそれまで生えていた木を抜いて、代わりに成長が早い杉を植えたからなんです。

ですが、国内の杉よりも海外から入ってくる木のほうが安くなったので、山の杉は使われずにそのままとなっている事が多いんですね。




僕は幸いなことに、花粉症になったことがないのですが、予防として



「ハナクリーンS」という器具での鼻うがいと



花粉症予防





目を洗うカップを洗面所に常備しています。


花粉症予防




目を洗う水中メガネが片方外れたようなものは、薬局で売ってる涙に近い成分の液体か水道水を入れ、上を向いて目に入っているゴミを浮かせて取るというものです。


コンタクトレンズを使うことがあるので、装着する前に目を洗うのでよく使っています。


鼻と目を洗うことは、花粉症の予防と症状の軽減に役立ちますので、お悩みの方はお試しくださいませ。




高級化粧コットンの産地はどこ?
当店の拭き取りクレンジングウォーター、ゼンライフイッポンをお買上げの方には1本に1箱、シュウウエムラのコットンをおつけしております。


クレンジングウォーターをふくませて、顔を拭いても毛羽立ちにくく、摩擦が少ない高品質なものです。


コットン


コットン

90枚で540円というなかなかの高級品なのですが、日本で売られている高級化粧コットンの産地はあるところで作られているものが多いんです。

それは、日本の四国、愛媛県です。

タオルで有名な今治市のある愛媛県ですが、化粧用コットンも作っているんですね。

愛媛県は古くから海運業が盛んで、海外から大量の綿を仕入れやすいという土地柄も関係していると思います。

今治タオルはブランドになりましたが、今治コットンもいずれブランドになるかもしれません。