FC2ブログ
ゼンライフ 代表 有馬のブログ
画期的なオンリーワンクレンジングウォーターを開発・販売している、ゼンライフの代表、有馬のブログです。
古代エジプトの紫外線対策
紫外線対策が気になる季節ですが、実は4,000年以上前のピラミッドが出来た古代エジプトでも、日焼け防止のため、裕福な女性は日焼け止めの代わりに、褐色のファンデーションを顔や腕など服で隠せない部分に塗っていた記録があるそうです。

また、日傘も存在していて、現代と近い日焼け対策がされていたんですね。エジプトの紫外線、強そうですからね。

ちなみに、傘の歴史は日傘のほうが4,000年以上前からあり、雨傘は歴史が浅いとのこと。



先日、北九州市にある「いのちのたび博物館」というところに行ってきたのですが



いのちのたび

ここは、恐竜の実物大の骨格標本をはじめ、古代から現代までの様々な動物や、地球や人間の生活の変化が展示されていまして


いのちのたび

縄文時代の藁でできた竪穴式住居と、そこで暮らす人々も展示されていました。

何百年も前の人類の祖先は長くて多い体毛で全身を覆われていましたが、縄文時代には毛が薄くなっています。

なぜ体毛が薄くなったのかというと、猿に近い生活をしていた森から、草原にでるようになった人類は狩猟などで動きまわるようになり、体温が上がり過ぎるのを防ぐために変化したそうです。

体毛が多ければ紫外線を気にしなくてよかったんでしょうけど。

体温上昇を防ぐか、紫外線を防ぐか、人類は体温をとったんですね。