ゼンライフ 代表 有馬のブログ
画期的なオンリーワンクレンジングウォーターを開発・販売している、ゼンライフの代表、有馬のブログです。
体も部屋も「出すこと」が大切
大高酵素の酵素飲料、スーパーオータカや風雪をお飲みいただくお客様から

「トイレの調子が、急に良くなった!」

という声をいただくことがよくあります。

腸の調子を良くするので、そのような働きが強いと考えられます。

やはりシッカリ、出すことが健康の秘訣ですね!


出すといえば先日、部屋の大掃除をしまして、かなりいらないものがあったので、リサイクルショップに持ち込んだのですが、なかには、買い取れないと言われたものがあり、どうしようかと考えていたところ、ゴミを直接、焼却場に持ち込めることがわかり、車で行ってきました。





出す




家から車で10分ほどのところにある、北九州市の皇后崎工場。大きな煙突があります。






出す




高速道路の料金所のようなところがあり




出す



出す


まずはゴミを積んだ車全体の重さを計ります。

帰るときに、もう一度車全体の重さを計り、減った重さだけ、お金を払うという仕組みです。

大掛かりですね。






出す


中を進んでいきます。



出す



ゴミを捨てるところは2階にあり、長い坂を登ります。









出す


巨大な扉がズラリ。





出す




高さ7−8mはありそうです。









出す

何台か先客がいます。




出す

巨大な扉が開き、




出す

その中にゴミを捨てます。

僕が捨てたのは、15年ほど使って壊れたスーツケースと
売れなかったチャイルドシート
小さな木の棚など。



出す


終わると中に人がいないことを確認し、
係の方が巨大な扉を閉めます。

おそらく、1階の焼却炉にここから滑り落とすのではないかと思います。






出す

車と比べると、この扉の巨大さがわかりやすいです。

SF映画のセットのようでした。

中に落ちないように命綱のようなベルトがあります。



出す


坂を下り、帰りの料金所。





出す

この鉄板にのり、計測。





出す

料金は自動でお支払い。





出す


入るときにもらったこのようなカードを差し込み、
10キログラムにつき、100円を支払います。




出す


初めてのごみの搬入でしたが、あまりの工場の巨大さに驚きました。

おかげで部屋はスッキリです!


平安時代の健康法
近年、日本人の平均寿命は伸び続け、ついに2013年に男性も80歳の大台を超え80.21歳、女性は更に長くて86.61歳となっています。

僕が今年40歳なので、平均寿命で計算するとちょうど半分。

そう思うと、時間を無駄にできませんね。


ところで先日、僕の母方の伯父さんが実家に来ていて、

平安時代の健康法



一緒にお茶をしていたのですが、なんでも初めて小説を書いたということで、その話を聞いていました。

ちなみに伯父は、山口大学の元教授でして、ノンフィクションはすでに数冊、主に経済について書かれています。






平安時代の健康法


今回の本は、平安時代の僧侶、俊乗房 重源 についてのもの。

この重源さんは、奈良の有名な東大寺が、源平の合戦で燃えてなくなってしまった時に、今の形に再建するという大事業の指揮を行い、さらに、86歳という当時としては飛び抜けて長命の方です。

その健康の秘訣も、この本に書かれているとのことで、まずは読んでみて、その秘密も後日ブログで書きますね。





プールで肩こり解消
先日、メルマガで「肩こり解消には、水泳、特にクロールや背泳ぎのように肩を回転させて泳ぐことが良い」と書きました。

普段はジムの屋内プールで泳ぐことがある僕ですが、7月に入り、家の近くの市民プールもプール開きをしたので、7月上旬に行ってみたところ、


プールで肩こり解消



誰もいません。

なぜなら、この日は気温が23度位で肌寒かったんです。

今年初の外泳ぎがしたいために、ちょっと無理しました。



多分、僕がこの日初めてのお客で、監視員さんも誰もいないのに律儀に監視のイスに座っていたのがなんだか不思議です。


プールで肩こり解消


誰もいないプール、最初は水もすっごく冷たかったのですが、泳いでいる内に体は熱くなり、20分ほど泳いで、肩こりをスッキリさせてきました。


ただ、やはり外で泳ぐには涼しすぎでしたね。冷えは体に悪いと知っていながら。。。

風邪は引きませんでしたが、無理は禁物でした。


錯覚
ある実験で、軽い腹痛を訴える患者さんに、なんの効果もないニセ薬を「これは最高に腹痛に効く、新薬です」といって処方したところ、患者さんの腹痛が治ったというものがあります。

プラシーボ効果(語源は 人を喜ばせる という意味だそうです)といいまして、患者さんの錯覚により、軽症の痛みなどが治った気になっる、または本当に治ってしまう効果として、近年はかなり知られています。

「病は気から」を証明するものと言えそうです。


錯覚といえば先日、家族で地元の桃園児童文化科学館というプラネタリウムや、でんじろう先生がやりそうな、ユニークな理科の実験施設が集まっているところがあるのですがそこで不思議なレオナルド ダ ビンチの「みつめる顔」という展示があり







動画のように、このダ ビンチの顔を見つめながら移動すると、顔がまるで生きているようにこちら側を見つめながら動くのです。


近づいてみると












写真ではわかりにくいですが、顔の形の穴が、壁に掘られていました。











説明のとおりですが、ここでわかりやすいように子供のお面で。






目の錯覚


ダビンチの顔は、このように表に飛び出ているのではなく










 お面


お面の裏側のように、奥に引っ込んでいます。

 








普通は、手前に飛び出していると考えますが、実際は奥に引っ込んでいるので、このような錯覚がおきるとのこと。


ダビンチが描いたルーブル美術館のモナリザを見たときも、目がこちらの動きにあわせて、動いていましたが、これも同様の錯覚なのかなと感じました。