ゼンライフ 代表 有馬のブログ
画期的なオンリーワンクレンジングウォーターを開発・販売している、ゼンライフの代表、有馬のブログです。
年齢による行動の変化
高校生ぐらいの頃、「どうしてある程度の年齢になると、男性の方はダジャレ(オヤジギャグ)を言うようになるのかな?」と考えていたのですが、最近、僕(39歳)もなにかにつけ、頭のなかにダジャレが浮かんできて、それを口に出さないように(特にあまり親しくない人がいる場面では。家だと言っちゃうこともアリ)気をつけるという歳になってきました。

ちなみに、先日思いついた恥ずかしいダジャレは、「ありがとう」というところを「ありま(←自分の名前)とう」という、春が近いというのに、一気に部屋が冷えそうなものでした。

このダジャレについて、著名な脳科学者の茂木健一郎さんは肯定的にとらえており、「プレジデント」という経営者向けの雑誌の中で以下のように書いていました。

「ダジャレは、側頭連合野(そくとうれんごうや)の優れた働きに関係しており、非常に高度な「連想記憶」を要する。脳を鍛えるのでボケ防止にも最適だ。

ダジャレに必要な連想記憶は、1つの言葉に対して、その言葉の音に似た言葉を瞬時に思い起こす力のことをいう。高い連想記憶と、豊富な語彙があって初めて生まれるのがダジャレなのだ。

ダジャレを生むためにはまず、語彙が記憶されている側頭連合野に対し、前頭葉から、たとえば「『布団』という言葉と似た響きの言葉はないか?」というリクエストが送られる。そこで側頭連合野が、「吹っ飛んだ」という言葉を返してきて生まれるのが「布団が吹っ飛んだ」というダジャレだ。

前頭葉からのリクエストに対し、側頭連合野がどれくらい質と量に優れた言葉を瞬時に返してくれるかが、ダジャレの力になる。この、前頭葉と側頭連合野の間をつなぐ回路を、鍛えて太くしておかないと、ダジャレは思いつかない。普段から面白いネタはないかと考えることが、そのままトレーニングになる。

ダジャレの素晴らしさは「意味を超えていること」にある。人はどうしても意味にとらわれてしまうが、こうした固定観念から離れ、言葉の結びつきと関係性を発見するのがダジャレである。非常にクリエーティブな脳の働きなのだ。

小学生くらいの子供たちがダジャレをよく言うのは、語彙がどんどん増えていく過程で、言葉の間に関係性を見出すとうれしくなってつい言ってしまうからだ。その意味で、おやじギャグを言う人は少年の心を失っていないといえる。」

という風に、意外とダジャレは創造的で、頭が良くないと出てこないというふうに考えられています。なんだか勇気づけられますね。

中高生や、20代でもダジャレを思いつくことはあるのですが、おそらく「言うと恥ずかしい」という思春期独特の「恥をかくことに対する強い抵抗感」が、口にだすことをストップさせてしまうんだと思います。

確かに、歳を重ねると恥ずかしさに対して抵抗感が薄れてくるような気がしますね。身だしなみや言動に気をつけていきたいです。


ちなみに、ある程度の年齢を重ねた女性の方にありがちな行動として僕が考えているものは
「会話の途中で、自分の言ったことに対して自分で笑いながら、隣の人をバシバシ叩く。あるいは叩かないまでも、「ヤダー」という感じで、手を上から下へ振り下ろす」というものです。

学生の頃、友達の家に遊びに行った時に、その友達のお話し好きのお母さんに、このバシバシ叩きを受けた時はあまりの力強さに、今でも記憶に残っています。

機会があれば、この「バシバシ叩き」がなぜ起こるのかも解明してみたいです。







粉末酵素の「ふげん」は何日分の量が入ってますか?
先日お客様から頂いた質問で、

「粉末酵素の「ふげん」は何日分の量が入ってますか?」

というものがありました。

個人差はあるので、何日分とは厳密には言えないのですが、参考になればと思いまして、「ふげん」に添付のスプーン1杯が何グラムなのか、計ってみました。


ふげんの量

1箱は500グラム入りでして



ふげんの量


添付のスプーンで山盛り1杯で

ふげんの量

お皿の重さは引いてます。

ふげんの量


3.4グラムです。


ふげんの量


今度はすり切り1杯で


ふげんの量

2.3グラムです。



朝と夜の食後に、山盛り1杯ずつ飲んだとして、約74日分です。

毎食後山盛り1杯で、約49日分。


朝と夜の食後に、すりきり1杯で約109日分。

毎食後すりきり1杯で、約72日分。


改めて計ってみると、けっこう量が入ってるなと思いました。






お腹の調子が悪い時、酵素と合わせて飲むと良いもの
暖かかったり寒かったりと日によって気温の差が激しい季節の変わり目は何かと体調を崩しやすいですよね。

夜暖かいと思って布団を薄手にしていると朝冷えてしまい、風邪を引いたり、お腹が冷えて調子が悪かったりと何かとお悩みの方も多いのではないでしょうか?

今日は特に、お腹の悪い時の救世主として、大高酵素と組み合わせて飲むと、効果テキメンのものをご紹介します。


梅肉エキス

この古式梅肉エキス。国産の梅を煮詰めたものです。


梅肉エキス


瓶に入った、粘り気のある黒いプルーンエキスといった見た目で、かなり酸っぱいのですが、これを小さじ1杯食べて、酵素飲料を多めに80〜100mlくらいを目安に合わせて飲むと、お腹の調子が悪い時にはあまりにはやく変化があり、おどろくほどです。

酵素だけを飲んでいても、普段の胃腸の調子は良くなると思いますが、なにかの病気の時で、仕事などを休めないという時は、この組み合わせがオススメです。




ワクチンにつぐ発明?
先週のNHKスペシャルで腸内細菌についての番組があり、仕事柄興味があったので録画しておいたものを見たのですが、ちょっと驚きの内容でした。

腸の中には100兆匹以上、数百種類の細菌が住んでいて、「どの種類の細菌が、どれだけいるか」によって、肥満になりやすいかどうか、シワができやすいかどうかなどの体質はもちろん、性格にまで影響していることがわかっているそうです。

ここまでは、僕も知っていたのですが、次なんです!ビックリしたのは。(ここから先、お食事中の方はご遠慮ください。)





アメリカで薬や手術で治らない、ある腸の難病があったのですが、その治療に、なんと「健康な方の便を少し採取し、水で薄めて難病の患者に浣腸する」ことを行っているとのこと。

しかも、ほとんどの方がこの治療法で難病を完治しているというのです。

つまり、健康な便の中にある腸内細菌が、病気の方の腸に入り、腸内環境を良い菌がたくさんいる状態にし、その結果病気が治るとのこと。


テレビで見ていた時は、ビックリしすぎて「未来の医療は口から薬をのむのではなく、お尻から健康な他人の便を薄めた水をいれるようになるのか!なんかやだ。」と変な想像が頭を駆け巡っていたのですが、よく考えたら「ワクチンの注射」って「ある病気を予防するために、別の病気の細菌をうすめて注射する」場合があるので、それと似たようなものなのかと変に納得しました。

ワクチンは、血管に細菌を入れますが、便を薄めるものは、腸に細菌を入れるわけですから。

納得したのですが、いざこの治療法を自分にされるとなると、ちょっと考えますね。


ワクチンが発明されたころも「自分の血管に病原菌を入れるなんてイヤだなー!」とかなり抵抗がある人が多かったでしょうね。


本当に、驚きました。