ゼンライフ 代表 有馬のブログ
画期的なオンリーワンクレンジングウォーターを開発・販売している、ゼンライフの代表、有馬のブログです。
料理教室に行ってみました。
仕事柄、食と健康には注意を払う僕ですが、自分で料理をつくる経験が少なかったので、ちょっと思い立って、とある料理教室の体験コースに行ってきました。

その日は、僕を含めて生徒3人と、先生1人の4人のチームで、2時間でオムライスとコーンスープと、ポテトサラダに、半熟ゆでたまごまで作るという、初心者にはけっこう盛り沢山な内容でした。

コーンスープも、缶詰のコーンのつぶをミキサーにかけて作るという本格的なもの(←これが一番美味しかった)で、なかなか家ではここまでしないだろうなという手間のかけぶりです。

自分でやってみて思ったのは、

・包丁に慣れていないため、どうしても野菜などを切るとき、大きめに切ってしまう

・塩と胡椒をかけすぎる。

といった、「キャンプの時の男の料理」な感じになってしまいました。まだまだ経験不足です。


薄く焼いたオムレツが破れる等、幾多の事件を乗り越え、

オムレツに目玉

完成!

オムライスの絵は好きなモノをケチャップで書いてくださいと言われたので、
他の人がスマイルなどを書いてるところ
僕はオムライスの形が「目」の輪郭に似ていると思ったので
中に眼球を書いてみました。

「目玉焼きじゃないのに目玉です」というと
(対応に困ったと思われる)松雪泰子似の先生はひとこと

「シュール!」



素早く料理を作れるようになりたいなと思ってブログを書きつつ
今日は忙しかったのでランチは酵素を多めに(100ml)飲んで時短しました。


本屋で、知らない人に声をかけられたというお話。
仕事柄、健康・美容・コンピューター(ネット通販を運営するために)の分野に関心がある僕ですが、その情報を得るために、よく本屋で、これらの分野の棚の前で本を物色することがあります。

freephoto.jpg



先日、そんな本屋でちょっと驚きの体験をしました。



福岡市内中心部の大型書店で、ちょうどスマートフォンの技術や、プログラミングの本の棚の前にしばらくいたところ、突然

「スマートフォンのゲームとか、興味ありますか?」

と、派手な服装をした男性に声をかけられました。

こちらが戸惑っていると、そのまま話を続けてきて

「今、スマホでゲーム、流行ってますよね。実は、そのゲームで手に入れたポイントを、現金化するという仕組みを作っていまして、それを一緒に広めてみませんか?」

と、なにやらおかしな話を始めたのです。現金化なんて、できるはずないと思うのですが。

こちらが

「結構です」

と断ると、

「じゃあ、連絡先だけでも教えて下さい。」

としつこかったので、さっさとその場を離れました。


どうも、書店内で極めて怪しいキャッチセールスを行っているようです。


そして、美容の本の棚の前に移動してみると、またびっくり!

なんと、その場所にいる20代前半と思われる女性のお客さんを、また別の女性のキャッチセールスが勧誘しているのです。たしか

「すぐ近くで、無料のエステ体験をやっているので来てみませんか?」

と話していたと思います。

恐るべし!最近のキャッチ。

本屋で、自分が売り込みたい商材に関連した書籍を手にとっている人を狙って、声掛けするとは!

路上で声をかけるのとは違って、その商材の分野に関心があることがわかりますからね。

この本屋は、カフェが併設されていて、そこに座らせて説得するセールスもいるようです。


皆様も、本屋で知らない人に声をかけられたら、ご用心下さい。

ちなみに、

「詐欺師は、服装が派手なことが多い」そうです。

あやしい話の内容から、聞く人の注意をそらすために。




健康な体と、似合う服装の色
当社では、主に酵素とスキンケアを主体に、どちらかと言えば、体と皮膚の内側からの美しさを応援しています。

外側の美しさというと、服装、メイク、ヘアスタイルなどになると思うのですが、そのどれもで重要なのが、その人に似合う「色」

今回は、男性のおしゃれの話を少し。

これから涼しくなってくると、スーツを着る男性も多いと思いますが、あくまで仕事着としてきていて、オシャレをしようという意識で着てらっしゃる方は日本では多くないのではと思います。

以前、ロンドンに行った時、金融街などを歩いていると、上質なダークスーツに、目の覚めるような鮮やかな色のシャツとネクタイを身につけた人達を見て、あまりのおしゃれさに驚いて帰ってきました。

もちろん、金髪で白い肌、青い目のアングロサクソン系の方と、黒髪でやや黄みを帯びた肌、黒目の日本人男性が同じ色が似合うわけではありません。

僕は、そんなに服を買わないのですが、服に関する本を読むのは結構好きでして、なかでも最高傑作だなと思っているのが

服装術の傑作

アラン・フラッサーという紳士服屋の経営者さんがまとめた DRESSING THE MAN という本です。

一部だけ、引用させていただきますが、肌の色や髪の色によって似合う服装を指南しているページが有り

服装術の傑作

左の写真は、悪い例で、右の写真が良い例というものです。日本人のフミヒロさんには、くすんだグレーのスーツとシャツ、ベージュのネクタイよりも、濃い色のスーツに、明るいブルーのシャツ、濃い赤のネクタイといった、ハッキリした色の組み合わせが似合うということが書かれています。




服装術の傑作

白髪の混ざった、金髪、青い目のエドウィンさんには、濃い青いシャツに、明るい色のネクタイがよいなど、何人か出てきます。



服装術の傑作

他にも、秋に似合うシャツの生地など、マニアックなものが。

数冊、男性の服装に関する洋書を読んでますが、ここまで詳しく書かれた本はなかなかありません。たまに、日本のセレクトショップやラルフ・ローレンの売り場などに、この本が飾られていることがあります。

男性の方や、旦那様がスーツを着るお仕事の奥様、面白いのでよろしければご覧ください。(ただ、かなり大きくて、重い本です。)

Amazonのページはこちらです。


また、自分に似合う色について知ることができるサイトもご紹介しておきます。(メルマガで書いたのと同じページです。)

女性編と
http://allabout.co.jp/aa/special/sp_improvement/contents/10331/190836/


男性編です。
http://allabout.co.jp/gm/gc/190848/



トイレなのに踊りだしそう。
「大高酵素飲料のスーパーオータカや、風雪を飲むと、便通がよくなった。」
という声を、特に女性の方からいただきます。

胃腸の動きが活発になるので、こういうトイレの悩みには本当におすすめです。

他の便秘の解消法としては、繊維質の野菜などをよく食べる、よく眠る、腹筋運動をする、お菓子を食べ過ぎないなどがありますので、それらを試してもダメだったというは、ぜひ酵素にチャレンジしてくださいませ。


ところでトイレといえば先日、福岡市中心部にあるファッションビル

ソラリアのトイレ

ソラリアプラザの3階にある



ソラリアのトイレ

男性トイレに


ソラリアのトイレ


入ったところ




ソラリアのトイレ


なぜか天井に付いているミラーボールが、突然光りだして回るという仕組みになってました。

ココで気分を高めて、たくさんお買い物してね!ということなのでしょうか。

とにかく、トイレにミラーボールって、初めて見ました。