FC2ブログ
ゼンライフ 代表 有馬のブログ
画期的なオンリーワンクレンジングウォーターを開発・販売している、ゼンライフの代表、有馬のブログです。
発酵とマンボウ
大高酵素は、多くの種類の野菜や果物、海藻、キノコなどから抽出したエキスを発酵させてつくります。

その発酵の過程で、数えきれないほどの乳酸菌、栄養素、微生物が新陳代謝、生存競争を経て、生き残ったエリートの栄養素が、酵素エキスや、化粧品のボトルに詰まっています。

生存競争といえば、先日、下関にある海響館という水族館に行ってきました。

ここでは

penguin.jpg

国際的に業務提携しているらしい国立公園のある、南米チリからやってきたフンボルトペンギンが優雅に泳いでいたり









fugu.jpg

郷土の食の名物、フグに加えて







manbou.jpg


大きくてユーモラスなマンボウも泳いでいました。

このマンボウ、とても動きが遅くて、小さい時にはよく他の魚に食べられて、なかなか生き残れないので、3億個も卵を生むそうです。

ですから、ここまで大きくなるっていうのは、(実際の海では)数億分の一の確率なんでしょうね。

発酵でできる栄養素も、マンボウも、厳しいサバイバルをくぐり抜けています。