ゼンライフ 代表 有馬のブログ
画期的なオンリーワンクレンジングウォーターを開発・販売している、ゼンライフの代表、有馬のブログです。
以前は夏に汗をかかなかったのに
お客様から、

「大高酵素を飲む前は、夏でも汗をかかなくて体に熱がこもり、バテやすかったのですが、飲み始めると汗を良くかくようになり、とても体調がいいです。」

とのお声を頂きました。ありがとうございます。

酵素を飲まれると、体の新陳代謝に働きかけるので、そのようになるのだと思います。

汗をかくって大切ですよね。




さて、先週末の日曜日に実家の家族イベントがあり、



祖母がカラオケ大会に出場するので応援に行ってきました。

来年100歳と言うことで表彰されているところです(黒い上着を着ているのが祖母です)↓



ちょっとうまく写真が撮れずに残念だったのですが、会場は年配の方が多く盛り上がっていました。



これからも酵素と家族で祖母の健康を応援したいと思います。

飲み合わせと図書館と。
本日お客様より、「青汁と大高酵素は一緒に飲んでもいいのですか?」とのお問い合わせを頂きました。

一緒にお飲みいただいて大丈夫です。ちなみに混ぜて飲むと、甘い抹茶のような味になります。

いつもお客様からお問い合わせを頂きありがたいのですが、それに答えるためにも日々少しでもいろいろ自分でも試したり、勉強をしたいと思います。

最近、そんな勉強にもってこいの場所が会社の近くにできました。





7月にできたばかりの八幡西図書館です。(逆光になってしまった)




カフェもあります。





夏休みと言うことで、子供さんもたくさんいて、9割方席が埋まってました。






酵素に関しては日本でも有数の医師の鶴見先生の本と、様々なサプリメントについての本を読んできました。

レシピの本では、酢の物がかなり多かったです。お酢も消化酵素を高めますから、体に優しいです。

夏バテにもいいですし。


これからもスタッフ一同勉強をして参ります。

高血圧に酵素は?
先日、お客様より「高血圧なのですが、酵素は効きますか?」とのお問い合わせを頂きました。

お薬ではないので必ず直るとはいえないのですが、一般に血をさらさらにすると言われるタマネギやニンニクが入っておりますので、期待できると思います。

酵素により、栄養素の消化吸収力は高まりますので。

その他にも、もし年齢に伴う高血圧であれば、指先や足など体の末端の毛細血管が細くなってしまい、血流が悪くなるため、心臓が圧力を上げて血を押し出している状態が多いと言われます。

これを解消する一つの方法として、足の特にふくらはぎを鍛えるか、マッサージすると、下まで下がった血が上に戻りやすくなり、心臓の負担が減ります。

歩くことが体にいいのは、血圧を安定させるためでもあるんですね。

僕も歩くことは大好きなのですが、東京に先日出かけたときにジョギングシューズではない底の薄い靴で、バッグを持ち、2日間でおそらく30キロ以上歩いたため、帰ってからしばらくバッグを持っていた手の方の膝が痛かったです。

やり過ぎは禁物ですね。

名前の影響
お客様から、「他のサプリメントと大高酵素のサプリメントを一緒に飲んでもいいですか?」という質問を頂きました。

大丈夫です!一緒に飲んでいいですよ。

大高酵素の消化を助ける働きが、より栄養の吸収を良くすると思います。

ちなみにその方から聞かれたのは蜂蜜の「ローヤルゼリー」のサプリメントでした。

ロイヤルゼリーとも言いますが、名前に王家を意味する「ロイヤル」が付くとなんだかすごそうですよね。

ちなみに、日本でミルクティーのことを「ロイヤルミルクティー」といいますが、イギリスではこの名前はないんです。

どちらかというと、イギリスではミルクティーはもともと体を使って働くガテン系の方が砂糖とミルクでカロリーを取るためのワイルドな飲み物とされています。

大阪の某喫茶店がこの「ロイヤルミルクティー」という名前を考案したそうなんです。僕も最初に知ったときには驚きました!

体調が悪くなる意外な原因
このお仕事をしていますと、お客様からさまざまな体調についてのご相談を頂くのですが、結構多いのが「家を建てたり、買ったり、引っ越したりして」体調を崩すという声を聞きます。

特に、新築の家の設計に関わることがあると、大きなストレスや疲れの原因となるようです。

「やり直しがきかない高価な買い物」ということで、プレッシャーがかかりますからね。

もし、家の購入や引っ越しがある場合は、かなり余裕を持ったスケジュールを組まれた方がいいと思います。

(ちなみに私、学生時代に引っ越しのアルバイトをしたことがあるのですが、今まで経験した中で一番きついと思った仕事でした。春休みに連続で入ったのですが、朝起き上がれないくらいに筋肉痛になった事を思い出します。さらに、驚いたのが、短期バイトでも作業服がレンタルではなく、新品の物を4,000円!で買わされてビックリしました。僕が働いた会社だけかもしれませんが・・・)




睡眠と食欲
睡眠時間が短いと食欲が増すことが多いと言われます。

私も経験から、前日夜更かししたときは、明らかに次の日に食べる量が増えます。

これは、睡眠不足の時は脳の中で「満腹だから食べるのをやめよう!」という指令を出す満腹中枢と呼ばれる神経機関の働きが鈍ってしまうからだといわれます。

満腹の指令だけでなく、その他の脳の働きも弱りますから、睡眠は十分にとる方がいいですね。

また、睡眠をたっぷり取った翌日と、睡眠不足の翌日では、自分にとっての時間の流れが変わる気がします。

よく寝ると、時間がゆっくり流れるように感じるんですよね。これも脳の働きが良くなって、記憶力や思考力が良くなるからではないか?と思っています。

明日はお休みという方も多いと思いますので、今夜はゆっくりと布団の中でお過ごしください。
人の目で美は磨かれる
上野の美術館を後にして、電気屋さんに行くために秋葉原に立ち寄りました。






10年前くらいは、秋葉原と言えばパソコンや電化製品の街というイメージだったのですが、最近はアニメやゲームに関連したお店が本当に多いですね。

歩いていて思うことは、あまり「他人のことを見ない」街だなという印象です。

ファッションよりも、画面の中の世界や、室内での趣味に興味がある方が多いと思いますので、人がたくさんいても、視線を感じないですね。

それが逆に新鮮です。








↑これは、福岡市内の服屋や美容室が多い今泉と言うところなのですが、最近オープンカフェが増えています。

東京だと今回は行っていないのですが、表参道や青山などのアパレルが多い街はオープンカフェも含めてカフェが多いですよね。人間観察している人も多くみます。パリやニューヨークもカフェだらけですし。

美にこだわる当店のお客様であれば、カフェの多い街が好きと言う方が多いのではないでしょうか?
「見られることで、きれいになる」ことはあると思います。


フェルメールの白と、肌の水分量
6月末の東京出張の続きです。




東大を離れて上野に行ってきました。

美術館や博物館が集中してます。確か美術館は3館くらいあったような。。。
不思議です。





この日は、東京都立美術館で、フェルメールをはじめとしたオランダの美術館の作品展があってました。

窓の奥のポスターは、有名な「真珠の耳飾りの少女」です。

真珠の耳飾りの少女


絵を見るのは好きなので、この機会に行ってきました。



展覧会が始まってから最初の休日と言うことで、人が多かったです。

真珠の耳飾りの少女は思ったよりも小さく、A3用紙2枚分くらいだったのですが、なんというか怖いくらい表情に気迫が感じられました。

にらみつけるような表情なんです。意外でした。穏やかで少し暗い顔をしていると思いましたが。

良い芸術は人に恐怖を感じさせると聞いたことがありますが、まさにそれに当たります。

フェルメールは光の画家といわれるほど、絵の中に光る場所を作るのがうまく、他の作品も確かに、ある場所に光が差しているように見えます。

真珠の耳飾りの少女は、左からの光があり、さらに真珠が一際光ってました。

テレビで見たのですが、白の絵の具を細かい点で打つことで光って見えるようにしているそうです。

ちなみに、子供の肌にはくすみはありませんが、年齢とともにくすんでくるのは、紫外線の影響に加え、肌の水分量が減ってくるからです。

天才画家の白い絵の具の代わりに、夏でも化粧水や乳液などでお顔の保湿をすることで、光を感じさせる肌を作りたいですね。


さすが!と思ったこと。
先週末の東大での生命科学シンポジウムについて引き続き書いております。

午前中は講演を聴いていましたが、午後は別会場で、学生を中心とした研究発表会が行われていました。



移動中に見るグラウンド。ちゃんと人工芝が敷いてあります。いいなぁ。




結構、緑が多いキャンパスですね。




発表会会場前。





発表は大きな会場で、たくさんのポスターに張り出されていました。

中は残念ながら撮影禁止なのですが、さすが!と思ったのは、半分以上が英語で書かれていました。

海外からの留学生も多く、なんだか圧倒されて帰ってきました。

遺伝子に関する研究が多い印象を受けました。治療法への応用など、これから期待の分野ですからね。

酵素に関する研究をしているグループもありました。


胃がんは「日本が世界一」な理由
先週末参加した東大の生命科学シンポジウムで、胃がんについての講演があったのですが、そこで知ったのは、胃がんの発生率は、日本が世界一と言うことです。

原因の一つに、近代になってから急速に食事の中にお肉が入ってきたことを挙げていました。

もともと、日本人の胃は野菜や穀物を中心とした食事に向いているので、過度の肉食は胃をはじめとした消化器系にダメージを与えやすいとのことです。

焼き肉などは美味しいですが、食べ過ぎはご注意くださいませ。

ちなみに、お昼ご飯を中央食堂で頂いてきたのですが


緑の多いキャンパス内の


地下にあります




渡り廊下があり、2階建てです。


サンプルを見て決めるシステム。


この日は土曜日だというのに、シンポジウムその他のイベントが多数あり、食堂もいっぱいでした。


プログラマーと医師の間に立つ人
先週末、東大の生命科学シンポジウムに行ってきたのですが、そのときの最大の目標が、とある方に会うことでした。



tsujisama.jpg


辻真吾 特任助教です。

プログラマーとして、働かれた後、現在は癌の発生を抑えるための研究や、治療をより有効にするための、遺伝子の解析をされている方です。

僕は趣味でプログラミングをするのですが、その中で参考にした本の著者なんです。

初心者からするとプログラミングって本当にわかりにくいのですが、数冊読んだ中で圧倒的にわかりやすく感動してしまいました。

Pythonスタートブックという本です。

お子様がいらっしゃる方で、まず一冊最初にプログラミングの本を買ってあげるのであれば、おすすめできます。中学生くらいであれば読める内容だと思います。


1度是非お会いしてみたかったので、このシンポジウムに参加されていることを知り、会場でお声をかけたところ、ありがたいことにかなり長時間、プログラミングのことや、現在研究されていること、これからの医学で起こりそうなことなどを話して頂きました。写真もとらせて頂きましたし、紳士です。

遺伝子の解析って、とても細かくて膨大な数になるので、解析するプログラマーの腕が重要なんだと思います。

まだ、この分野は研究が始まったばかりなので、解析できない部分が多いそうなんですが、辻様のような研究者とコンピューターの進化でどんどん解明され、難しい癌さえも完全に治療できる日が来るのだと思います。

これからはあらゆる分野で、WEBを始め、コンピューターとのつながりが深くなっていくんだなと感じた日でした。



久しぶりの出張
先週末のお休みを利用して、久しぶりに出張に行ってきました。

写真も多めに撮ってきましたので、一緒にバーチャル出張でも!






北九州空港の朝5時台の飛行機で出発。この時間、(朝早すぎて)航空券が安いんです。






黒と白に統一された機内。ちなみに朝早すぎて、寝てるお客さんが多いです。







富士山って、雲を突き抜けるくらい高いんですね。登ったことないけど。







羽田空港→モノレール→山の手線→ホテルに荷物を預ける→徒歩 と東京って相変わらず広いです。

駅の乗り換えだけでかなり歩きますから、やせそう。




目的地の玄関口。





石畳を抜ける。






なんか見たことありますよね?









年に一回、初夏に開かれる東京大学の生命科学シンポジウムに行ってきました。

医学や薬学、またはそれにかかわる情報工学などの分野の教授の講義や、学生の研究発表が行われるんです。

私も健康に携わる仕事をしておりますので、非常に興味があり、初めて参加させて頂きました。

今週はこの出張ネタをお送りします。