ゼンライフ 代表 有馬のブログ
画期的なオンリーワンクレンジングウォーターを開発・販売している、ゼンライフの代表、有馬のブログです。
脳を活性化させる散歩中の驚き
最近新しい健康と美容に役立つサービス作成のために考え事をすることが多くなり、アイディアに詰まるとダウンに手袋、さらにはマスクをして寒さに備え、ウォーキングに出かけることが多いのですが、



ある日のウォーキングの途中


謎のポスター

とある商店街の裏側を通っているとあるポスターが目に付きました。





謎のポスター

ある探偵社のポスターなのですが、思いっきり社長の顔がのってる?

探偵なのに顔バレして良いの!!!









謎のポスター


と思ったら、僕は失礼ながら存じ上げなかったのですが俳優の前田吟さんだったんですね。よく見たらポスターに書いてます。気付かなかった。


家族にこの方の名前を聞くまで、なんで探偵さんが自分の顔をばらすんだろうと不思議に思いながら歩き回ってました。。。








タバコを吸うかわりに
私はタバコを吸わないのですが、喫煙されている方の中にはやめたくても、なかなかやめられないという方や、タバコを吸うときにコミュニケーションが生まれるからという方も多いと思います。

実は東京で始まったプロジェクトで、そんなタバコを吸うことで生まれるコミュニケーションに注目しつつも、健康に配慮すると言うことで、なんと

「タバコを吸う代わりに、シャボン玉を作ろう」という会があるそうです。これ知ったときは結構ビックリしました。

喫煙所の代わりに、シャボステーションというモノを作り、そこにシャボン玉セットを置いて、吹きたい人が吹くという斬新さ。大人が数人で街中でシャボン玉作ってたら驚きます。が、なんか微笑ましいかも。

こういう風に、禁煙も我慢という感じではなく、楽しさを強調していく方法って素晴らしいです!


知恵の大半
健康に関する仕事をしていると、やはり長寿とか、アンチエイジングとかなにかしら「人間と時間」について、寿命を延ばしたり、肌年齢を巻き戻したりと考えるのですが、時間と言えばアメリカの元大統領として有名なセオドア・ルーズベルトが


「知恵の大半は、時間に関することである」


という格言を残しています。

たしかに、今までの進化ってムダな時間を節約することのために起きていることが多いと思います。

交通機関の発達は移動時間を減らすためですし、掃除機や洗濯機などの家電製品は家事の時間を減らすため。

パソコンや携帯はコミュニケーションにかかる時間を減らしていますよね。

ところが、どんなに進化しても「時間が無い」と感じている人が多いのではないでしょうか?

早く移動できるようになれば、それだけ遠くに行きたいと思うのが人間です。結局、トータルの移動時間は昔と変わっていないと言うこともあるでしょうし、家電製品で家事の時間が減ったぶん、テレビやネットで娯楽情報を見て時間を浪費しているという面もあるのでは?

って、僕にも当てはまりますが(^_^;)



会議室は海の家
最近メルマガで、人間の脳には魚の脳に近い部分があり、海に来るとなんだか元気になるのは、その部分が活性化されるからという話を書きました。

その話を書いた後、なんだか急に



海が見たくなった!



海が見たくなり(別に元気がなかったわけではないのですが)、近所までドライブに来ました。

寒いのにサーファーさんがかなりいましたよー!

これからは、会議も海に来てやると良いアイディアが出るかもしれません!








新企画を準備中です。
私も大高酵素製品のプロとして、お客さまの健康のお役に立つことを常々考えているのですが、そんななかでお客さまに好評の酵素×計るだけダイエットの企画も誕生しました。

去年の3月に誕生したこの企画、おかげさまで続々と用紙のご要望や、ダイエットに成功された方からヤセた過程をご記入いただいたグラフ用紙を送っていただき、やってよかったと心から思っております。

このグラフ、とっても記録しやすい工夫が満載なんです。酵素飲料をご購入いただき、酵素ダイエットに挑戦されたい方は、ぜひカゴのページのご意見欄の所に「グラフ用紙希望」と書いて下さいませ。

今年も実は新企画を準備しております。

最近、ブログの更新やメルマガの配信が以前より頻度が落ちていて申し訳ないのですが、実は今その新企画の準備に時間をとられているんです。

大高酵素をより健康のお役に立てていただけるユニークなアイディアです。

皆様にお披露目できることを楽しみに頑張って参ります。




無職でも貧乏では無い
1月10日のブログで、「レオナルド・ダ・ヴィンチと、同時代の画家達の作品」を美術館に見に行ったことをお話ししましたが、その時、展示室の外の休憩所でダ・ヴィンチの生涯についてのDVDが流れていました。

そこで、印象的だったシーンがあったのですが、天才ダ・ヴィンチといえども若い頃は職がない時代があったそうです。

後にある人に、

「若い頃は貧乏で大変でしたね」

と聞かれたときに、ダ・ヴィンチはこう答えたそうです。

「お金はありませんでしたが、貧乏ではありませんでした。その当時、欲しい物がありませんでしたから。貧乏とは、お金があっても物を欲しがり続けることを言うのです。」

深い!

物乞いという言葉もありますが、お金のあるなしにかかわらず欲を出しすぎると貧乏になると言うことでしょうか。

食欲も必要以上に出し過ぎると体をこわしますからね。

欲を抑える生活が、モナ・リザなどの美しい作品を作る原動力になったのかもしれません。

永遠の美を描いた人
大高酵素飲料や酵素化粧品を通して、お客さまの健康的な美を今年も応援していきたいなと思っている次第ですが、美と言えば先日




ダビンチ


福岡市美術館で開催されている、展覧会に行ってきました。


レオナルド・ダ・ヴィンチの絵画も少ないですが数点あり、数では同時代の他の画家の作品が多かったです。

素晴らしい絵がいくつもあり、良い経験となりました。





男っぽい?


この看板にもなっている絵は裸のモナリザというタイトルが付けられていて、ダ・ヴィンチ本人の絵ではないのですが、この時代、色々な人の手によって、たくさんのモナリザが描かれていたそうです。モナリザさんは絵のモデルとして大人気だったんでしょうね。

なんだか男の人の胸が大きくなったような不思議な感じがしますが。あと髪にパーマが?なんでだろう。







池の鳥たち

美術館は大濠公園という大きな公園の中にあるのですが、その中の池では鳥たちが静かに泳いでいました。

なんか、この景色も絵になります。


明けましておめでとうございます&思いやりのある神社
新年、明けましておめでとうございます。本年もお客さまの健康とキレイのために精進して参りますので、どうぞよろしく御願いいたします。

お正月中は私は特に遠出することもなく、読書や仕事を楽しんでおりました。

もちろん、初詣も行ってまいりましたよ。お客さまと家族の健康とキレイを御願いして参りました。

家の近くの十二所神社という神社なのですが、


十二所神社

かなり階段が長いのです。これは、ご年配の方にはキツイのではと思ってお参り後に入り口を見てみると、















お賽銭箱

なんと、道路に面してお賽銭箱が!

これなら、足腰が少し弱くても安心ですね。新年から思いやりを感じた神社の配慮でした。