ゼンライフ 代表 有馬のブログ
画期的なオンリーワンクレンジングウォーターを開発・販売している、ゼンライフの代表、有馬のブログです。
やせて見える服のサイズの選び方
薄着の季節になり、体型が気になる季節になりました。

服の選び方でも、やせて見えたり、太って見えたりすることがあります。

そして、服を買う時に不思議に思うことは、同じメーカー(ブランド)でもこのシャツはMサイズでも、別の細身デザインのシャツはMサイズがキツくてLサイズの方が快適ということがあります。

ある服の販売員さんに、このような場合、どのように服を選んが方がいいかアドバイスを受けたのですが、「普段Mサイズを着ている方が、細身デザインのLサイズを買うと、逆に太って見えるから、やめた方がいい。あるいは細身デザインのMを無理してでも着たほうが、やせて見える。」とのことでした。

さらに

「ファッションモデルはものすごく痩せてるから、自分の身長に対して小さいサイズを着ている。だからおしゃれに見えるんです。細身デザインのものだからと言って、サイズを上げないほうが良い。どうしても普段のサイズで着れないような細身のものは、買わない方がいい。日本の良いメーカーなら、かなり厳密にサイズ規格に沿って作っているから。」

とのこと。

ちなみに、日本の紳士の服はMサイズは身長170cmの人を、Lサイズは身長180cmの人を対象に作られているので、身長176cmの僕は中間なので迷います。

が、できるだけMサイズを着るようにしたほうが、やはりスマートに見えますね。ただ、身長160cmの人を対象に作られている、Sサイズは流石に着れませんが。

服を選ぶ時は、いつもより小さいサイズを試着してみること、また容易にサイズを上げないことをお気をつけください。

参考までに、女性の服のサイズを解説しているサイトです↓

http://www.jwca.or.jp/qa/size/